So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
前の10件 | -

絵本館日記

今年の山中湖村の紅葉は、どんなかなぁと楽しみにしているうちに、どんどん寒くなってきました。
今朝は6℃台まで冷え込みました。
先週の土曜日、10月13日に、村の情報創造館で、西村繁男さんの講演会&芳晴さんライブがありました。森の中の絵本館も、協力というかたちで参加させてもらいました。
芳晴さんは、藤野在住のシンガーソングライターで、二胡奏者で、癒しの吟遊詩人。
ライブでは、今ではほとんど知られなくなった、地元の恩人、甲州の代官中井清太夫の物語を、琵琶をひきながら、歌い語ってくれました。
話に引きこまれ、甲州を去るという別れの場面、清太夫を慕って村人たちがひとりまたひとり、と見送りに来て、多勢の人たちに見送られていくというところでは、涙する人も。
BD2B82BF-D733-4860-AB8E-11BA61618E75.jpeg
甲州街道の各地に伝わる民話・伝説を二胡や琵琶で語る「甲州街道を行く」シリーズが、今進行中という芳晴さんは、歴史ミステリー好きで、山中湖村にも、おもしろいお祭りがありますよ。
ちょっと怖〜い神社ありますよって言ったら、さっそく取材されてましたよ。
山中湖村のお話や歌もできたら、うれしいですね。

西村繁男さんのお話の前に、「せいだイモのはなし」の絵本を作った守屋さんが、上野原からいらしてくださっていたので、この絵本をどうして作ろうと思ったのか、どうやって作ったのか、お話してもらいました。

そして、西村さんが、ご自分の絵本作家人生のはじまりのところから、いろんな方に出会って、そしてどんな絵本を作りたいのかがわかって、どんな絵本を作ってきたのかを、熱心に語ってくださいました。
F6E3EABB-3A67-4581-9841-1EA5E1B7332C.jpeg
そうか、だから、西村さんの絵本は、訴えてくるんだなぁ。楽しいんだなぁ。何度も何度もじっくり見返したくなるんだなぁ。考えさせられるんだなぁ。大好きなんだなぁ。

講演会のあと、交流会では、せいだのたまじも食べ、守屋さんからは、地域を盛り上げたかったら、やっぱり何年もかかるけど、地道にやっていかないと!と、励まされました。

西村さん、芳晴さんはお泊りになり、翌日日曜日の朝、絵本館に来てくれました。
講演会のとき売り切れてしまった福音館のたくさんのふしぎ400号記念「絵で読む子どもと祭り」の話をしてくれました。
はじめは話を断ったこと、60、70台になって昔のように取材して絵本を作ったらどんな絵本ができるのか挑戦してみたということ。子どもが主役の昔からのお祭りの絵本を作るだけではなくて、現在進行形の今の日本各地の様子もこの絵本には入れることができて、よかったと思っていること。
表紙に旅姿の猫がいるけれど、編集の人がいれましょうよと言ったこと。この猫がどのページにもいて、子どもはすぐ見つけること。などなど、尽きることなく楽しい話を聞かせてくださって、次の用事があるんだと、帰っていかれました。
そして、売り切れたその「子どもとまつり」と「おばけでんしゃ」をもうすぐにサインして送ってきてくれました。もう本当に、感謝しています。
ありがとうございました。

その午後、藤野在住のご一家が遊びに来てくださって、さらに西村さんのはなし、藤野の楽しい話を聞かせていただきました。
身の丈にあった楽しいことを、がんばりすぎず、みんなで楽しみたいと、本当に思いました。

森の中の絵本館で、これからも、皆さん、ご一緒に、楽しみましょうね。

nice!(0)  コメント(0) 

西村繁男さんの絵本原画展はじまりました

しばらくお休みをいただき、原画展準備をさせてもらっていましたが、今日から、はじまりました。
森の中の絵本館、西村繁男 絵本原画展。
山中湖村といえども、やはりいいお天気で、暑いことは暑いですが、でも、町なかに比べたら、ずいぶんと涼しいほうではないでしょうか。
森のしっとりとした木々の間を抜けて、風が吹いてきます。
夕立があったあとは、さらに涼しくなるのですが。
2FAC7741-F34E-47E8-A7E0-A957F1FE59F6.jpeg
それでも、朝晩は、窓を開けたままで寝ていたら寒くなるので開けていられませんし、毛布じゃないと寒いし…。
なんて言っても、やっぱり、人に会えば、暑いですねぇ、山中湖でこんなに暑いなんてねぇ、って言ってしまうんですよ。
絵本原画の企画展です。
西村繁男さんに、「せいだイモのはなし」の原画、全ページ分を、お借りしました。
展示室1と2に、展示しました。
「せいだイモの話を伝える会」絵本制作委員会が、つくった絵本で、文は、西村さんと同じく藤野にお住いの、丘 修三さんです。
上野原では、芋大明神があったり、龍泉寺ではイモ大明神まつりがあったりと、今では忘れられている、江戸時代の甲州の代官だった中井清太夫のことを大事にしてしていました。
飢饉から庶民を守ることに身命をかけた中井清太夫の業績を伝え、郷土の歴史の一端を、子どもたちにも知ってもらいたい、との思いでつくられた絵本です。
本屋さんで売っている本ではありませんが、だからこそ、たくさんの人に、みてもらいたい。
知ってもらいたいと、思いました。
わたしは、もともとは、保育士ですが、絵本の読み聞かせが大好きなので、観に来ていただいたお客さまには、ご迷惑にならないようにですが、うしろで、ナレーションを入れさせてもらいます。
また、展示室3には、やはり西村繁男さんの作品で、「ピチクルピチクル」を展示していますが、こちらは、擬音語ばかりでできている絵本。
実は、2、3歳のお子さんにも楽しめる絵本なのです。
西村さんの絵本の中では、異色の版画作品で、虫たちが生き生きと描かれています。
これがまた、美しくて、ユーモアがあって、わたしたちは、大好きな作品です。
西村繁男さんが、山の中に住んだからこそできた絵本だとおっしゃっています。
原画を観て、読み聞かせも楽しんでいただいたら、図書室や、館内のいろいろなところで、ゆっくり、絵本を読んだり、窓の外の緑を眺めたり、小鳥たちがエサを食べにくる様子を眺めたり、楽しんでくださいね。
わたしは、お菓子をつくるのも好きなもので、すこーしのお茶菓子で、お茶もお出ししますね。
もしかしたら、のんびりしたかったのに、うちの猫たちが、遊んでほしくてついてまわるかもしれません。
1歳をちょっとすぎたけど、まだまだ子猫気分の抜けない、ビティ。
1年前までは湖畔のコテージのあたりで野良猫暮らしをしていた、トミー。
ふたりとも、人が大好きで、だれか来た!と思うと飛んできて、顔をくっつけ、頭をこすってごあいさつする子です。
座っていると、いつのまにかひざに来ていたり、なでられると、うれしくてついはしゃいでしまったり。
何より、遊んでほしくて、遊んでほしくて、疲れ知らずに、あそびつづけます。
もし、猫が苦手でなかったら、あそんでやってください。
夏の期間は、金曜日から月曜日までやっています。
お盆の8月14、15日もやっています。
どうぞ、あそびにいらしてください。
nice!(0)  コメント(0) 

絵本原画展のお知らせ

梅雨あけしたと思ったのに、大荒れの天候となっています。
大変な状況の地域もあるかと思いますが、被害のないことを祈っています。

森の中の絵本館では、今年、西村繁男さんの原画展をさせて頂くことになりました。
「せいだイモのはなし」
丘修三 文 西村繁男 絵 せいだイモの話を伝える会絵本製作委員会
という絵本です。
先日、西村さんのお宅に伺って、絵本の原画をお借りしてきました。
奥さまのいまきみちさんにも、お会いしました。
「せいだイモのはなし」のほか、西村さんの絵本をいろいろお預かりしてきました。
そして、一冊一冊サインをしていただきました。
絵本ごとに全部違う絵柄なんですよ。
また、「おばけでんしゃ」のすごろくや、西村さんの絵のマスキングテープ、
「おばけでんしゃ」や「チータカスーイ」などの曲の入ったCD、
西村さんが小さな庭をテーマに絵付けをして焼いた植木鉢なども、販売する予定です。
森の中の絵本館での原画展は、7月から10月ですが、講演会が10月に予定されています。
山中湖村の図書館にあたる情報創造館で、10月13日(土)14時から行われます。
村の地域おこしをがんばっている人たちが、お話を聞きたいと実現したのですが
もちろん、西村繁男さんの絵本づくりのおはなしや、最近の絵本「たくさんのふしぎ」の
400号記念「 絵で読む 子どもと祭り」のお話なども、お聞きしたいですね。

西村さんから、その後おはがきをいただきました。
東峰村豪雨災害チャリティー展のお知らせでした。
7月10日(火)〜7月15日(日) GALERIE Malle 恵比寿駅東口から徒歩3分
12:00〜19:00 最終日 16:00まで
昨年7月に発生した九州北部豪雨災害で被害を受けた福岡県中南部の「東峰村」に
想いを寄せる、絵本作家有志によるチャリティー展です。売上の一部を義援金として
寄付いたします。と、あります。
どうぞよろしくお願いいたします。

nice!(0)  コメント(0) 

5月になりましたね

窓をあけても寒くない、さわやかな季節になりました。
外の世界をまったく知らないビティと違い、野良生活を謳歌していたらしいトミーさんは、
網戸越しに外のにおいを嗅ぎ、春の森の中のにぎやかな音に心躍り、お外にいこうよ!
遊びにいこうよ!と、必死です。
1度目は、二階のトイレの窓からでした。
網戸を開けて、屋根づたいに下に降り、たぶん30分くらいあとに気づいた私たちが、
森の中にわけ入り、上の方から「トミーさーん!」と呼び続けることしばし。
にゃぁ!にゃぁ!と返事が!
呼び続けると、うれしそうに森の中から走って戻ってきました。
2度目は、ガムテープで留めてあった網戸を力づくで開けて、一階の窓から地面へ。
走って逃げるわけでもなく、縁の下にもぐっています。
すぐに勝手口から迎えにいくと、チュールにつられてすぐ帰ってきました。
3度目は、やはり網戸を無理矢理あけて、庭の方へ。
そばで見ているビティがついていかないのも、不思議です。
やはり、チュールで、帰ってきました。
外に出ると、チュールもらえる、って思っちゃうぞ、との声。
その後は、窓を開けるとき、網戸がしっかりと動かないか、確かめるようになりました。
それでも、お外!おそとー!の訴えは、とまりません。
今朝、昔クルツが使っていたお散歩リードを試してみました。
ビティに試したときは、まるっきり立ち上がれなかったのですが、トミーさんは、
ケロっとして、スタスタ歩きます。
あら?大丈夫?
で、勝手口のドアを開けてみると、
しばらくコンクリートのたたきの上で、まわりを眺め、遠くを眺め、
ごろんところがって砂浴び。
地面にも降りて、匂いを嗅ぎまわり、探検。
少しの時間だけど、ちょっとだけ落ちついたような気がします。
保護してもらった猫ボランティアさんと、終生室内飼いの約束ですが、少しのさんぽは、
気分転換に、いいかもしれません。
ED8D5312-791E-4DEA-A315-AA59090EB636.jpeg
森の中の絵本館 看板猫のトミーさん。



nice!(0)  コメント(0) 

森の中の絵本館の春がはじまりました

お久しぶりです。
去年の秋に、パソコンが壊れてしまった、と思って、そのままになっていたのですが、
村のパソコン相談に行ったところ、動いてました。
あぁよかった。でも、もう古いので、買い換えないといけませんね。
そんなわけで、ずいぶん久しぶりに、ブログを書いています。

3月21日の雪が結構積もっていたので、まだ溶け残っていますが、クロッカスが咲き出し、
スイセンももうすぐ咲き出しそうです。
秋からの改修工事で、庭木はほとんど切ってしまったのですが、土の中では、
春を待っていたんですね。
改修工事が済んで、見た目もきれいになったのですが、住んでいる私たちは、
以前よりもずっとあたたかく冬を越すことができました。

一緒に住んでいる猫たちは、メンバーが変わりました。
昨年4月からビティがいます。
5月にきた黒い子猫のデテ。
この子が、fip で、頑張ったんですが、8月に死んでしまいました。
そして、先住猫さんと相性が悪くて、預かり先を探していた大人猫のトミーさんが
やってきました。
ビティとトミーは、いい遊び仲間で、家じゅう走りまわり、とっくみあい
いざとなれば、仲よくくっついて眠る、という関係。
おかげさまで、にぎやかに過ごしています。

森の中の絵本館も、はじまりました。
春の間は、土日祝日の開館になります。
まだ、収蔵作品の展示のままです。
また、絵本の古本を半額で、販売しています。
絵本の読み聞かせ、好評開催中です。
お好きな本、おすすめの本、お読みしますよ!
次は、4月7日(土)に、開館します。
また、おいしいケーキを焼いて、お待ちしています。

nice!(0)  コメント(0) 

New Picture(J Heath)

夏休みも始まり、森の中の絵本館の開館日も少しだけ変わりました。
中川洋典さんの絵を新しく展示する予定です。
今日の曲はジミーヒースさんが我らがトミーと演奏している曲です。
トミーが亡くなった年の年末にトミー唯一の弟子の寺井さんの命を受け
ヒースさんの出ていたブルーノート東京の楽屋に緑茶を届けたことを思い出します。
ヒースさんは日本茶を嗜んでいるそうでした。
その折にヒースさんが昨晩トミーに会ったよと話してくれたのが印象的でした。
ホテルのテレビをつけたらトミーの演奏している場面が映っていたそうです。
I met him last night.
というわかりやい言葉でした。 ( 館長 )

森の中の絵本館も、夏休みシーズンで、休館日は火、水、木曜日となりました。

「きみの家にも牛がいる」や「おこのみやき」 (エルくらぶ) でおなじみの
中川洋典さんから、森の中の絵本館にぴったりの絵がありましたよ!
と、声をかけていただいて、森の中の絵本館に展示させてもらうことに!
「村は種からはじまった」という、絵です。
楽しみにおいでください。
中川洋典さんの絵本もそろっていますから、読み聞かせもさせてもらいますよ!

看板猫デビューした子猫のビティとディティも、すっかり慣れましたよ。
生まれは2週間の差ですが体格差は相変わらず倍くらい。
どうしてもあそびだすと大きなビティが強すぎてしまうんですけど
寝るときは猫だんごになって、仲よししています。

image-20170722215445.png







nice!(0)  コメント(0) 

Bitty Ditty(T Jones)

森の中の絵本館は今日27日(土)明日28日(日)は山中湖ロードレースが開催され
道路規制があり休館しています。
そんなわけで、
昨日ねこねっと山中湖さんから森の中の絵本館にやってきた
三代目看板猫のビティBittyの相手をしています。
DizzyとKurzの弟分かな? ( 館長 )

館長が、ビティを、ずっと女の子だと思っていたことが、ここで判明!
弟分と、私が添削を入れたら、弟はおかしいよ。
いや、男の子だから。
え?そうだったの?と、館長。
その前に、もらおうとまとまりかけていた猫ちゃんとごっちゃになって
いたようです。
生後2ヶ月弱。
へその緒つきで、ペットショップのある大型スーパーの入口にダンボール箱に入れられ兄弟4匹で捨てられていた子。
すぐに保護ボランティアさんのところへ運ばれ、ミルクボランティアさんのところで愛情深く育ててもらいました。
ねこねっとさんの活動に賛同してくださる獣医さんが月に一回山中湖分院を開いています。
そこで、初ワクチンも済ませ、検査も済ませて、いよいようちにやってきました。

image-20170527142836.png

人が大好きで、すわっているとまずひざに乗ってきて落ちつきます。
足に絡みついてあそび、人の手にじゃれついて、チュパチュパ。

image-20170527142902.png

動くものはもちろん何にでもじゃれつきます。
一日4回の離乳食。カリカリと、ふやかしたのとウェットのごはんを混ぜて食べます。
ごはんを持ってくるとミャーミャー騒いで食べ、食べたら眠くなってひざで眠ります。
しかもトイレはしっかりわかっています。
えらいねぇ。
Dizzyが3ヶ月でうちに来たときにも、このくらい手厚く世話してあげられたらよかったのにね。
クルツは猫がいる家だからこの家の子になりたかったのだけど
相棒のDizzyは自分を猫とあまり思っていなかったので、クルツはきっと首をかしげていたでしょう。
ビティは、たくさんの人、子どもさんにも、猫さんにもいっぱい遊んでもらって、
人のことをこわがらない、気のいいやさしい猫に育ってくれたらなぁと思っています。
もちろん、Dizzyやクルツが、気のいいやさしい猫じゃなかったというわけではありませんよ。
実は、2匹目の子猫もすでに、今、保育ボランティアさんのところにいます。
まだ生後1ヶ月なのです。
来月になったら、Bittyと、Dittyとそろって、仲良しの兄弟猫になることでしょう。
楽しみ。 ( 絵本館のおばちゃん )

[[image-20170527143444.png]]

どうぞよろしくお願いします!



nice!(0)  コメント(0) 

Someone To Watch Over Me(I&G Gershwin,1926)


image-20170430175429.png

今日から森の中の絵本館は開館です。
看板ネコのDizzyとKurzがいない開館ですが、どこかで見ていてくれていると思います。
当面は土曜日、日曜日、祝日の開館です。
( 館長 )
あんまりお知らせもせず、ひっそりとやっている絵本館で、やっと春が来た、と
始めましたが、お客さまもないかな?と思っていましたら
開館前日から、毎年来てくださる方がいらしたり、初日も友人が来てくれたり
にぎやかに、すごしています。
そして今日も、ご家族で楽しんでくださるお客さまがみえて、楽しかった!
もっとずっといたかった!と帰るときに涙ぐんでた妹さん。
読み聞かせいっぱいさせていただいてありがとうございました。
お昼が遅くなってお腹すいちゃったお姉さん。
また、遊びにきてくださいね。
今度はおべんとう持って、来てくれるかな?
村の保育所で顔なじみのお友だちもおかあさんと遊びに来てくれたね。
こんなにおしゃべりするおねえさんとは知らなかったよ。
大きくなったこと。
また、あそぼうね! ( 絵本館のおばちゃん )




nice!(0)  コメント(0) 

Skating In Central Park(J Lewis)

今日は最低気温が-3度!
やっぱり寒い。
この時期に氷がはったのを見るとこの曲のメロディが聞こえてきます。

image-20161204134142.png

そしてたまたま開いたA Book Of Days JAZZ MEMORIESの12月最初の週のミュージシャンは
ジョン ルイスさんでした。
ニューヨークにフラナガンを聴きに行った時に
本当にセントラル・パークのスケート場を見た時のことも忘れられませんね。 ( 館長 )

ごめんなさい。
館長がここまで書いたところで、日にちが、1日たってしまいました。
そして今朝もまた氷がはっていました。
昨日は、クッキーを焼いたり、シュトーレン作りをしてみたりしていました。
お客さまがいらしたら、手作りお菓子でおもてなししようかと。
そして、今年はソバづくりに挑戦したので、地元の農家のお梅さんに
とてもお世話になりました。
お梅さんにも、クッキーを焼いてお届けしてきました。
実はまだソバを食べられるようにするには、まだ作業が残っていたのです。
ソバの実の脱穀のあと、小石を取り除くには水につけて何度もざるですくう
作業をします。

image-20161204134253.png

それから、むしろに広げて干します。
日当たりの良いお梅さんの庭で干させてもらいました。
日の当たる場所が変わるのでまわしていったり、ソバの実を広げたり、
だんなさんのよしさんにも、面倒をみてもらいました。
お梅さんは数えで90、のご夫婦なんですよ。
ソバは、雑草より強いくらいによく育ってくれるのですが、本当に手間のかかる作物ですね。
小さなひと粒ひと粒を大事に、道理にかなった作業をしていきます。
冷たい水で手もしびれるようなこともあるけど、お梅さんは昔はなぁと、
苦労した話や、いろいろ、昔の農家の暮らしの話を聞かせてくれます。
作業しながら、それも、また楽しみなのです。
あとは、忍野村の製粉所で粉にしてもらって、それから、お梅さんの指導でそば打ち!
ですね。
新そばを食べられるのは、まだまだ。


nice!(1)  コメント(0) 

Lullaby Of The Leaves(J Young/B Petkere,1932)

今日の最低気温は2度でした。
寒いけれど雪はどんどん解けてゆきます。
小鳥は水が飲めるようになりました。

image-20161127170554.png

木々はいっぺんに葉を落としてしまいました。 ( 館長 )

image-20161127170525.png

今日は雪が溶けて駐車場は足元が悪くなっていました。
小鳥たちは今日も元気にやって来たけど、なかなかお客さまは
来られないかな、と思っていたら、
今日は、お客さまがたくさんで、にぎやかな絵本館になりました。
クリスマスプレゼントにどんな絵本がいいかなと、絵本をいっぱい
見たい!といらしたとなり町のママさんと1歳の女の子さん。
すっかり仲良しにしてくれて、ままごとしたり、人形ごっこしたり
いろいろあそびました。
にゃぁにゃぁが大好きなんだけど、うれしくて加減ができなくて
クルツには、逃げられてしまうんだけど、やさしくしてくれましたね。
また、遊びにきてね!
冬の間は、山中湖村のつどいの広場でも、会えるといいですね!
また、数年前に来て楽しかったから、とご家族でいらしていただいた
お客さまもありました。
あたたかいところからいらしたので、溶け残っている雪に驚かれていました。
本の虫、って自分でも言うくらい本の好きなお嬢さんは、一日中いてもいいなぁって
言ってもらって、うれしかったですよ。
工作好きの男の子さんは、前に来たときはまだよちよち歩きだったって
今度は何作ろうかな?って、作り方ののっている本をいろいろさがして楽しかったね。
ヘビのたまご、うまく作れるといいね。
森の中の絵本館は、あと来週の土日までもう少しやってます。

nice!(0)  コメント(0) 
前の10件 | -